調剤薬局で無資格アルバイトの時給

ドラッグストアは、医師からのレシピをもとに、薬を処方してクランケに譲り渡す職業を扱っていますので、薬剤師免許を持っていない無資格の自身は調剤職業をすることはできません。ただし、調剤職業ではなく、薬剤師の職業を補助するという形で求人が変わることがあります。「ドラッグストア業務」という姓名で集客変わることが多く、求人HPなどでは、商いの類別として、診断業務として募集されています。商売は、窓口や案内・会計・通話一致・PCへの簡単な登録・ファイリングなどが主になっています。診断業務の資格がなくても採用されることも多くあります。ドラッグストア業務はだいたいはパートや箇所という形態で募集されています。時給は、都心で総じて900円〜1,100円ぐらいだ。また、ドラッグストア業務を取り扱う人のための資格もいくつかあります。代表的なのが「調剤業務制限士」だ。時間のある自身は、現に薬舗で働きながら、これらの資格取得にかけてみるのもいいかもしれません。