現場の相性が望ましくなかった

病棟商売で看護師を行っていますが、前から感じていたことがあります。それは企業の人間関係が低い状況が続いていて、出勤を辞めたいという感情が高くなってきました。職責は外来商売なので一般的なサラリーマンと同じような勤務時間で、一層貰っているお月給もそれほど悪くはないのですが、一際人間関係には悩まされている状態です。医者と看護師、そうして看護師同士であっても不自由が多く、あたいは関係のない位置であっても揉めて要る状況が目線に入ってしまうことが多々あります。如何なる仕事をする上でも、人間関係は非常に大切なダイアログを持っているって常日頃から感じていて、辞めたい感情を統べることができない景況だ。実際にこういう企業では離職比率が一般的な病棟よりも高い傾向にあって、あたいは駆け出し氏が入ると指令を行うタイミングもありましたが、たえず辞めないように配慮して扱いを通じてきました。でも離職比率を引き下げることができない状態で、ようやくあたいまでキャリアを考えることになったわけです。35年齢なので未だ看護師として出勤を続けられる生年月日ゆえに、失敗しない新天地を探している最中です。次の企業は人間関係を優先させて、ひたすらフィーリングの良い病棟で仕事をすることを望んでいらっしゃる。